2022/12/13

執筆者:管理者

【平日えんちゃん奮闘記⑤】

※2022年7月から東京裏山ベースの平日担当として店に立つことになった「えんちゃん」の奮闘記を不定期更新でお送りします。


 気軽にお酒を楽しんでもらう「ハッピーアワー」を12月6日から平日・期間限定で始めた。売り上げを増やすのと、東京裏山ベースをより多くの方に知ってもらうのが狙いだ。

 紅葉の季節から初冬になり、観光客やハイカーは減り始めた。そこで普段は9時半~17時の営業時間を、期間中の平日のみ11時半~19時半にずらして、試験的に17~19時半を「ハッピーアワー」にしてみた。ハッピーアワー用に仕入れた生ビールを400円、厳選した日本酒を1合400~600円、おつまみは300~500円(いずれも税込み)で提供している。

 7月から平日を担当していて、ときどきお客さんに言われることがある。「(ここは)自転車に乗る人や観光客向けの店だと思っていた」と。「ちょっと見るだけでもいいですか?」と店内の表示や自転車を眺めて、「お茶だけでもいいんですね」と言ってコーヒーを飲んでいく地元の方もいる。

 ハッピーアワーを始めたのは、コーヒーやお酒を気軽に楽しめる店だとより多くの人に認知してほしいという思いからだ。フードは手作りのカレーやピクルスのほか、ソーセージやチーズなどを用意。新聞記者時代に転勤先で好んで飲んだ水芭蕉(群馬)や出羽桜(山形)などの地酒も用意した。日本酒ファンに人気の獺祭(だっさい・山口)を手に入れ、12日からメニューに加えた。ホームページやチラシで日本酒の価格を一合400~600円と告知した手前、獺祭も大サービスの1合600円にしてる。

 武蔵五日市駅を見わたせる大きな窓は店の売りだが、夜は外から見えるカウンター席でお酒を飲むのに抵抗を感じる方もいるかもしれないと思い、奥にテーブル席や低めのチェアも用意した。

 ハッピーアワーは今月23日までの期間限定。何かと気ぜわしい師走ですが、ベースで「かる~く一杯」いかがでしょうか。